コラム

パーソナルトレーニングで失敗しがちな食事管理とは

運動と食事はセットで行う

運動と食事はセットで行う


パーソナルトレーニングに通うと必ず減量ができて、理想のボディを手に入れられると思っている人もいるのではないでしょうか。
もちろん、しっかりと結果を出している人もいますが、中には失敗してしまう人もいます。
失敗する人の多くは、トレーナーの指導を守らないという原因があります。
トレーニング中はトレーナーに見守られながらメニューをこなしていくことができても、お家に帰ると気が抜けてしまう人も少なくありません。
理想のボディを手に入れるためには、鍛えるだけでなく食事管理も重要です。
運動と食事管理をセットで行うことで効果が出るため、どちらかを疎かにすると結果が出ません。
食事管理で失敗しがちなことを知り、自宅でもしっかり取り組んでみてはいかがでしょうか。

共通している特徴とは

共通している特徴とは


食事管理が失敗しがちな人には共通している特徴があります。
それは、トレーナーの指導を徹底的に守ろうとしてしまうことです。
もちろん、トレーナーの指導は守らなければ理想の結果を出すことは難しいのですが、絶対に守らなければならないと思いつめてしまうと、体調が悪くても無理やり食べてしまいます。
そうすると、体を壊す原因になるため注意しなければなりません。
空腹を感じないというのは体調が優れていない身体のサインであるため、トレーナーに全て任せるのではなく、自分自身で判断するのも大切なポイントです。
パーソナルトレーニングジムによってやり方が違うこともありますが、数回程度のズレであれば問題ありません。
指導を守ることは大切ですが、一度守れなかったからといって自分を追い詰める必要はないのです。
追い詰めるとモチベーションが下がり、積極的に取り組めなくなるためストレスが溜まります。
そのようなときにはトレーナーに報告することが大切です。
そうすることで、後日にカバーするためのアドバイスをもらうことができます。
このように、パーソナルトレーニングは食事の指導も受けることができますが、取り組み方次第で失敗する恐れがあります。
結果を出すために、トレーナーと相談しながら無理しすぎない範囲で取り組んでみてはいかがでしょうか。
カウンセリング時にも不安な点を伝えておくと適切なアドバイスをもらうことができます。