コラム

コロナ禍でパーソナルトレーニングの需要が増えている理由とは

運動不足を解消するため

運動不足を解消するため


コロナ禍でパーソナルトレーニングの需要が高まっています。
コロナウイルスの影響により、外出を控える人が増えましたが、パーソナルトレーニングには通う人が増えているのです。
コロナ禍でも需要が高まっている理由は、主に2つあります。
1つは、運動不足の解消です。
コロナ禍による外出自粛によって、仕事も自宅勤務になった企業も多いでしょう。
お家から出ない生活を続けていると、通勤していた時よりも歩く機会が減ります。
通勤時だけしか歩かない人も、全くお家から出ないのとでは歩数が大幅に違ってきます。
その上、時間に縛られず自由に仕事ができるようになると、好きな時に好きなものをたくさん食べることができるようになるため、体重が増加してしまった人も少なくありません。
また、座る時間が長くなることで、血流の悪化、血栓ができるリスクが上昇します。
このように、自分の体が悪い方向へ変化することに対して不安を感じている人が多いため、これまで積極的に運動をしていなかった人も運動習慣を模索するようになったのです。

感染リスクを最小限に抑えられる

感染リスクを最小限に抑えられる


2つ目の理由は、パーソナルトレーニングは一般的なジムと異なり、完全予約制の個室でマンツーマンのトレーニングが受けられるからです。
これまで日頃から運動不足を解消するために、ジムに通っていた人もいるでしょう。
しかし、コロナ禍で3密を回避しなければならないため、大勢の人が利用する一般的なジムは利用しにくい状況になりました。
一方で、パーソナルトレーニングは不特定多数の人が一つの場所に集まるわけではなく、自分とトレーナーさんだけで取り組むため、コロナウイルスの感染リスクを最小限に抑えることができます。
施設内や器具などは、できる限りの感染対策を行なっているため、安心です。
このように、パーソナルトレーニングの需要が高まった理由があります。
公園を一人で走りに行くのもひとつの方法ですが、パーソナルトレーニングはプロのトレーナーさんによる本格的な指導を受けられるのが魅力です。
コロナ禍で太ってしまったひと、健康のために身体作りをしたい人は通ってみてはいかがでしょうか。